2006/11/06

富士GTが終わって

Filed under: MotorSports — てらき at 21:04

仙台に帰ってきました.
到着は今日のAM2時.
まぁ,俺は運転してないから大して疲れていないんだけどね(笑

さて,11/3の富士山がこれ.

Bパドックから撮ってみました.
結構,雪が掛かっていてきれいなんだけど,なんだかぼんやりしか見えなくて残念.

 

でもって,これが11/5の富士山.

これはP17駐車場から.
こっちはくっきりだけど,雪が少ない.
足して2で割るとちょうどいい感じかな.

さて,レースですが,GT500はチャンピオン候補が8組もいる大混戦.
オープニングラップで#1 ZENTセルモSCと#8 ARTA NSXが接触して2台ともチャンピオン争いから脱落するという波乱の幕開け.熱いレースが展開されました.そんな中でも終始冷静な走りを見せた#36 OPEN INTERFACE TOM’S SC430が4位に留まりチャンピオンを決めました.
レース後,ピットでは脇坂は「4年ぶりだよ!」と本当に嬉しそうでしたね.
アンドレもマシンのリアウイングに座ってご機嫌でした.
最近,Zといい,SCといい,デビューイヤーチャンピオンが多いです.
メーカー努力の賜物ですかねぇ.

そしてGT300.
チャンピオン候補は3組だけど,圧倒的に#2の紫電が有利.
でも,この世界には山野マジックという言葉があります.
山野さんの乗る#7 雨宮アスパラドリンクRX7は最低条件が6位.
しかし,予選11番手なにの序盤にヘアピンでスピンを喫し,かなり後退する.
でも,ここからがマジックというか,奇跡というか・・・
残り3周で8番手に付けていた雨宮RX7は1台抜いて7番手に.
紫電はポイント圏内の10番手と11番手を行ったりきたり.
このままだと#2 紫電がチャンピオンという状況でファイナルラップに.
ここでトップを走っていたヴィーマックが最終コーナーでガス欠でストップ!
最後の最後に最低条件の6位をクリア.
一方の紫電は10番手に届かずノーポイント.
本当に最後のコーナーひとつでチャンピオンを拾った感じです.
諦めない事の大切さを教わった気がしました.

アマさんは苦節12年で初チャンピオン!
山野さんはGT3003連覇.しかも全て違うクルマ.
序盤のスピンがあったからか,チャンピオン決まった瞬間泣いてましたね.
ホントおめでとうございます!

チャンピオンカーの11/3公開練習の走行シーンと再車検待ちのクルマをアップしちゃいます.

TrackBack URL : http://blog.prism-r.com/wp-trackback.php?p=975

1件のコメント »

  1. SUPER GTのお土産…

    ピットウォークで浜田翔子ちゃん発見。
    でも全然近づけなかった。30cmの脚立でナントカ。
    撮影できただけでもありがたい。(≧人≦)

    ←応援してクダサイ!(n‘ (more…)

    トラックバック by よしむのblog(ヨシム監督の写真) — 2006/11/07 @ 22:49

RSS feed for comments on this post.
TrackBack URI : http://blog.prism-r.com/wp-trackback.php?p=975

Leave a comment